あなたの愛車を高価買取!カンタン入力で無料査定!

1査定時のチェックポイント

  1. 1
  2. 2
  3. 3

臭い・汚れ

臭いはタバコの影響によるものが主な原因です。
タバコを吸わない方にとっては、
車内のタバコの臭いは、当然好ましくありません。
こびりついた臭いはなかなか落ちません。

夏季に多い、ペットの臭いも要注意です。
ペットの抜け毛も不快に感じる方が
いらっしゃいます。魚釣りが趣味の方は、
釣り上げた魚の臭いなどにも気をつけましょう。

車内で食べた時の食べこぼしや、
飲みこぼしのあとの臭いも気を付けてください。
ドライブスルーやコンビニ弁当などを
車内で食べる機会が多い方は注意が必要です。

シートの穴・焦げあと

車内を覗いてまず気になる点は、タバコの灰によるシートの穴です。タバコを吸われる方はご注意ください。
シートの穴は修復が困難で、当然清潔な状態のシートが好まれます。

電装品の動作確認

オーディオやエアコン、カーナビなどの動作も正常かどうか確認しておきましょう。いつも同じ操作だからといって雑に扱わないでください。

車体の汚れ

査定時に急にきれいにしようと思っても、こびりついてしまった汚れ、水アカ、鉄粉や高速走行時、夜間走行時のガラスやボディについた虫のあとなどはなかなか落ちません。
日頃から丁寧に洗車・ワックスがけをしておきましょう。
夜間の高速走行後などは面倒でも、ヘッドライトカバーやボディの虫あとを取り除いておきましょう。時間が経過したあとは、なかなか落ちないのです。
また、鳥の糞は酸が強く、塗装に悪影響がでますので、これも発見次第きれいに拭き取っておきましょう。

鍵穴周辺の傷

最近では、キーレスの車が増えてきてリモコンキーによるドアロックの開閉が当たり前になっていますが、まだまだかぎ穴を使用する車も多数存在しています。
そういった車の場合は、かぎ穴のまわりにどうしても小キズをつけてしまうことが多く、意外にその傷が目立ってしまいます。
傷が無いに越したことはないですが、コンパウンドで取れるぐらいなら大丈夫です。

ボディの加工

車好きの方に多いのですが、ノーマル車体に満足せず、こだわりの加工をすることがあります。その際は『穴あけ』などの加工に十分注意する必要があります。
自分では気にならないことでも、穴や取り付け跡が残るような加工は、水漏れや錆の発生につながるばかりでなく、修復歴車の基準に当てはまってしまう場合もあり、次のオーナーからすると購入を躊躇するひとつの要因にもなってしまうのです。
改造については、実際は加工しないに越したことはありませんが、趣味の範囲内で分かった上であればOKです。
そのほか、純正品・社外品を問わず取扱説明書や純正品から社外品のパーツなどへ交換した場合の元の純正品は必ず保存しておきましょう。
市場へ再流通した時に、いろいろな好みに対応できる方がプラス査定につながります。
パーツを換える際は人気パーツメーカーであることや、同一メーカーのパーツでコーディネートするのは、一般的に受け入れられやすいチューニングで、プラス査定も期待できます

車体の基本情報

年式

購入してから年月が経過するほど、価値は下がってしまいます。

走行距離

たとえ新しい年式、人気車種であっても、極端に走行距離が多い車は、それだけ故障のリスクが高くなることで、消費者の購買意欲が下がることになりますから、査定額も下がることになります。

車体の色

色(ボディカラー)やも買取価格に影響します。車種や年式によって人気の色は変わりますが、同じ車種で、色以外が同じ条件でも、色によって価格に違いが出ることがあります。

車種の人気

買取り価格を決める基本となるのは、中古車としての人気度です。
人気車種で新しい車、程度が極上であれば高く評価し、逆に不人気車種かつ古い車で程度が悪ければ、査定が低くなるのです。

オプションパーツなど

カーナビ、サンルーフ、革シートは、人気が高いアイテムですので、プラス査定のポイントになることがあります。 必ず動作を確認し、査定の際にはしっかりアピールしましょう!
もちろん、エアロパーツ、アルミホイールやマフラーなどもプラス査定の対象です。
また、純正品も評価の対象となりますので、外したノーマルパーツも査定の際に持って行きましょう。

車検の残り期間

買主がすぐに乗れる状態であることも査定のプラス要素になります。車検切れの車は、取引後に車検を通す必要があるため、やや買取額にも影響します。

書類関係

車検証や整備記録簿、取扱説明書など必要な書類がすべて揃っていない場合、マイナス要素になることがあります。

装備品や機関系

サンルーフやナビ、装備品に不足がないか、問題なく動作するかなど。

車体の傷

大きなキズやヘコミは、査定のために自分で直すと、かえって余計な修理代がかかってしまう場合があります。もちろん、キズやヘコミがキチンと直っている車の方が評価は高くなりますが、その修理代と、それによって上がった評価金額とでは、結果的に修理代の方が高くかかる場合もあります。お店でチェックをしてもらってください。

2高額査定のための日常的なメンテナンス

  1. 1
  2. 2
  3. 3

こまめな洗車

余り頻繁に洗車を繰り返すとかえって塗装にダメージを与えることもありますが、めったに洗わないような事になると、水垢は残り、汚れによって塗装が痛みます。こまめに洗車し、ワックスがけなどを行うことで、雨や日光(紫外線)から塗装を守り車を綺麗に保つ事ができます。

日常点検のチェックポイント

定期メンテナンスは車の調子を維持するにあたってたいへん重要ですので、信頼できるお店にお願いしましょう。オイルや冷却水など、交換サイクルのあるものは交換サイクルを守ることが肝要です。日常のメンテナンスが車を長持ちさせるのに大切な要件となります。

エンジンルームのチェックポイント

  • オイル:量と汚れのチェック
  • バッテリー:充電容量のチェック
  • エンジン冷却水:量のチェック
  • エアクリーナーエレメント:量と汚れのチェック
  • ブレーキフルード:量のチェック
  • タイヤ:空気圧のチェック

必要なメンテナンスには十分な費用を用意して、整備をすることが肝心です。オイルなども車や使用条件にあったものを使うことが大切です。
値段が安い、という理由だけでの安易な選択は、かえって悪い結果に結びつきますので注意してください。
万一、乗り換えるために売却することになっても、正しくメンテナンスされた車は評価も高くなります。
重要なのは日常のメンテナンスを欠かさないことです。

屋根付き車庫での保管

車の塗装などに対して日光(紫外線)は天敵です。屋根つきの車庫などで保管すると、日光による劣化を軽減できます。併せて風雨による劣化も軽減できます。多少、高価になるかも知れませんが、車庫は屋根付きである方が車は長持ちします。

安全運転

急発進はエンジンに悪影響を与えます。急ブレーキはブレーキパッドが減るだけでなくサスペンションへの影響もでてきます。つまり、「急」のつく運転を避け、丁寧に運転することが大事です。そうすることでエコ運転にもつながります。

3売却査定に必要なもの

  1. 1
  2. 2
  3. 3

「査定」に必要なもの

車の査定時には以下の書類が必要です。
・車検証(自動車検査証)
紛失されますと、再発行の手続きが必要になります。 その場合も気軽にご相談下さい。

「売却」に必要なもの

普通自動車の場合
お客様にご用意頂く書類
自動車検査証 原本
(コピーは不可)
自賠責保険証明書
(期限が切れていないもの)
リサイクル券
(見当たらない場合はご相談ください)
実印
(車検証の所有者様のもの)
印鑑証明書
(車検証の所有者様のもの)
ユーポス店舗でご用意させて頂く書類
委任状 譲渡証明書
軽自動車の場合
お客様にご用意頂く書類
自動車検査証 原本
(コピーは不可)
自賠責保険証明書
(期限が切れていないもの)
リサイクル券
(見当たらない場合はご相談ください)
認印
(車検証の所有者様のもの)
ユーポス店舗でご用意させて頂く書類
記入申請依頼書

【ご注意下さい】
印鑑証明書には期限がございますので、なるべく最新のものをご用意ください。
車検証の所有者欄がお客様の住所や名前と違う場合は、状況により必要な書類が異なりますので、お近くのユーポス店舗にご相談下さい。

買ったばかりの自動車だから高く売れる、ノーマルだから高く売れる、改造しているから高く売れる、たしかにそれもありますが、それだけでは中古車買取の査定額を出すことは難しいといえます。それぞれの車に適した売り方があるので、ポイントをしっかりチェックして高額査定を狙いましょう。

内装のチェックポイント

臭い・汚れ

タバコの臭いや汚れ

臭いはタバコの影響によるものが主な原因です。
タバコを吸わない方にとっては、車内のタバコの臭いは、当然好ましくありません。こびりついた臭いはなかなか落ちません。

ペットや魚の臭いや汚れ

タバコだけでなく、夏季に多い、ペットの臭いも要注意です。
ペットの抜け毛も不快に感じる方がいらっしゃいます。
魚釣りが趣味の方は、釣り上げた魚の臭いなどにも気をつけましょう。

食べ物の臭いや汚れ

車内で食べた時の食べこぼしや、飲みこぼしのあとの臭いも気を付けてください。
ドライブスルーやコンビニ弁当などを車内で食べる機会が多い方は注意が必要です。

シートの穴・焦げあと

車内を覗いてまず気になる点は、タバコの灰によるシートの穴です。
タバコを吸われる方はご注意ください。シートの穴は修復が困難で、当然清潔な状態のシートが好まれます。

電装品の動作確認

オーディオやエアコン、カーナビなどの動作も正常かどうか確認しておきましょう。
いつも同じ操作だからといって雑に扱わないでください。
スイッチ類は、使用頻度が高い場合は、ヒビが入ったり、マークが消えたり、壊れてしまったりしますので丁寧に扱いましょう
また、本体自身が故障すると、修理に費用や時間がかかる装置ですから、日頃から取り扱いに気を配りましょう

外装のチェックポイント

車体の汚れ

査定時に急にきれいにしようと思っても、こびりついてしまった汚れ、水アカ、鉄粉や高速走行時、夜間走行時のガラスやボディについた虫のあとなどはなかなか落ちません。
日頃から丁寧に洗車・ワックスがけをしておきましょう。
夜間の高速走行後などは面倒でも、ヘッドライトカバーやボディの虫あとを取り除いておきましょう。時間が経過したあとは、なかなか落ちないのです。
また、鳥の糞は酸が強く、塗装に悪影響がでますので、これも発見次第きれいに拭き取っておきましょう。

鍵穴周辺の傷

最近では、キーレスの車が増えてきてリモコンキーによるドアロックの開閉が当たり前になっていますが、まだまだかぎ穴を使用する車も多数存在しています。
そういった車の場合は、かぎ穴のまわりにどうしても小キズをつけてしまうことが多く、意外にその傷が目立ってしまいます。
傷が無いに越したことはないですが、コンパウンドで取れるぐらいなら大丈夫です。

ボディの加工

車好きの方に多いのですが、ノーマル車体に満足せず、こだわりの加工をすることがあります。その際は『穴あけ』などの加工に十分注意する必要があります。
自分では気にならないことでも、穴や取り付け跡が残るような加工は、水漏れや錆の発生につながるばかりでなく、修復歴車の基準に当てはまってしまう場合もあり、次のオーナーからすると購入を躊躇するひとつの要因にもなってしまうのです。
改造については、実際は加工しないに越したことはありませんが、趣味の範囲内で分かった上であればOKです。
そのほか、純正品・社外品を問わず取扱説明書や純正品から社外品のパーツなどへ交換した場合の元の純正品は必ず保存しておきましょう。
市場へ再流通した時に、いろいろな好みに対応できる方がプラス査定につながります。
パーツを換える際は人気パーツメーカーであることや、同一メーカーのパーツでコーディネートするのは、一般的に受け入れられやすいチューニングで、プラス査定も期待できます。

車体の状態・スペック

車体の基本情報

年式

購入してから年月が経過するほど、価値は下がってしまいます。

走行距離

たとえ新しい年式、人気車種であっても、極端に走行距離が多い車は、それだけ故障のリスクが高くなることで、消費者の購買意欲が下がることになりますから、査定額も下がることになります。

車体の色

色(ボディカラー)やも買取価格に影響します。車種や年式によって人気の色は変わりますが、同じ車種で、色以外が同じ条件でも、色によって価格に違いが出ることがあります。

車種の人気

買取り価格を決める基本となるのは、中古車としての人気度です。
人気車種で新しい車、程度が極上であれば高く評価し、逆に不人気車種かつ古い車で程度が悪ければ、査定が低くなるのです。

オプションパーツなど

カーナビ、サンルーフ、革シートは、人気が高いアイテムですので、プラス査定のポイントになることがあります。 必ず動作を確認し、査定の際にはしっかりアピールしましょう!
もちろん、エアロパーツ、アルミホイールやマフラーなどもプラス査定の対象です。
また、純正品も評価の対象となりますので、外したノーマルパーツも査定の際に持って行きましょう。

車検の残り期間

買主がすぐに乗れる状態であることも査定のプラス要素になります。車検切れの車は、取引後に車検を通す必要があるため、やや買取額にも影響します。

書類関係

車検証や整備記録簿、取扱説明書など必要な書類がすべて揃っていない場合、マイナス要素になることがあります。

装備品や機関系

サンルーフやナビ、装備品に不足がないか、問題なく動作するかなど。

車体の傷

大きなキズやヘコミは、査定のために自分で直すと、かえって余計な修理代がかかってしまう場合があります。もちろん、キズやヘコミがキチンと直っている車の方が評価は高くなりますが、その修理代と、それによって上がった評価金額とでは、結果的に修理代の方が高くかかる場合もあります。お店でチェックをしてもらってください。

高額査定のための日常メンテナンス

高額査定のための日常的なメンテナンス

こまめな洗車

余り頻繁に洗車を繰り返すとかえって塗装にダメージを与えることもありますが、めったに洗わないような事になると、水垢は残り、汚れによって塗装が痛みます。
こまめに洗車し、ワックスがけなどを行うことで、雨や日光(紫外線)から塗装を守り車を綺麗に保つ事ができます。

日常点検のチェックポイント

定期メンテナンスは車の調子を維持するにあたってたいへん重要ですので、信頼できるお店にお願いしましょう。
オイルや冷却水など、交換サイクルのあるものは交換サイクルを守ることが肝要です。
日常のメンテナンスが車を長持ちさせるのに大切な要件となります。

エンジンルームのチェックポイント

オイル・・・量と汚れのチェック
エアクリーナーエレメント・・・汚れのチェック
バッテリー・・・充電容量のチェック
ブレーキフルード・・・量のチェック
エンジン冷却水・・・量のチェック
タイヤ・・・空気圧のチェック

必要なメンテナンスには十分な費用を用意して、整備をすることが肝心です。
オイルなども車や使用条件にあったものを使うことが大切です。
値段が安い、という理由だけでの安易な選択は、かえって悪い結果に結びつきますので注意してください。
万一、乗り換えるために売却することになっても、正しくメンテナンスされた車は評価も高くなります。
重要なのは日常のメンテナンスを欠かさないことです。

屋根付き車庫での保管

車の塗装などに対して日光(紫外線)は天敵です。
屋根つきの車庫などで保管すると、日光による劣化を軽減できます。併せて風雨による劣化も軽減できます。
多少、高価になるかも知れませんが、車庫は屋根付きである方が車は長持ちします。

安全運転

急発進はエンジンに悪影響を与えます。急ブレーキはブレーキパッドが減るだけでなくサスペンションへの影響もでてきます。
つまり、「急」のつく運転を避け、丁寧に運転することが大事です。そうすることでエコ運転にもつながります。

売却査定に必要なもの

「査定」に必要なもの

車の査定時には以下の書類が必要です。
・車検証(自動車検査証)
紛失されますと、再発行の手続きが必要になります。 その場合も気軽にご相談下さい。

「売却」に必要なもの

普通自動車の場合

お客様にご用意頂く書類
・自動車検査証 原本(コピーは不可)
・自賠責保険証明書(期限が切れていないもの)
・リサイクル券(見当たらない場合はご相談ください)
・実印(車検証の所有者様のもの)
・印鑑証明書(車検証の所有者様のもの)
ユーポス店舗でご用意させて頂く書類
・委任状
・譲渡証明書

軽自動車の場合

お客様にご用意頂く書類
・自動車検査証 原本(コピーは不可)
・自賠責保険証明書(期限が切れていないもの)
・リサイクル券(見当たらない場合はご相談ください)
・認印(車検証の所有者様のもの)
ユーポス店舗でご用意させて頂く書類
・記入申請依頼書

【ご注意下さい】
印鑑証明書には期限がございますので、なるべく最新のものをご用意ください。
車検証の所有者様の状況により必要な書類が異なりますので、お近くのユーポス店舗にご相談下さい。

全国対応!
ユーポス無料相談受付

入力が面倒・お急ぎの方は お電話からお問い合わせください入力が面倒・お急ぎの方は お電話からお問い合わせください

フリーコール 0120-3737-55 営業時間:24時間受付中!携帯・PHSからもOK!

フリーコール 0120-3737-55 営業時間:24時間受付中!携帯・PHSからもOK!

あなたの愛車を高価買取!たった35秒のカンタン入力で無料査定! あなたの愛車を高価買取!たった35秒のカンタン入力で無料査定!

気軽に査定から!

愛車を選択

メーカー
車種
年式

お客様の情報入力

お名前
電話番号
郵便番号
-
都道府県

査定してみる

簡単入力で無料査定!

愛車を選択

メーカー
車種
年式

査定してみる